女性の結婚式の服装についてのマナー

女性が職場の同僚や学生時代の同級生などの女友達の結婚披露宴へ出席するときにはマナーを守る必要があります。
女性の間における服装のマナーというのは、明文化されているわけではありませんが、必ず守る必要のある厳然たるルールです。
女性の参加者たちは花嫁を差し置いて目立つことは許されません。
このことを肝に銘じておくことが大切です。
花嫁が披露宴の主役であり、ヒロインであるということを忘れずに自分の服装を選ぶことが求められているのです。
花嫁と同じような派手な衣装を着て披露宴へと出席することは、社会的なタブーとされています。
そのため派手な色使いのドレスや、大きく肌の露出したドレスを着ることはできることなら避けるべきことです。
やむを得ない事情でどうしてもそのようなタイプのドレスを着て出席するときには、アクセサリーを全く付けないということや、メイクを地味に目立たないように控えておくなどの配慮をすることが望ましいとされています。